Microsoftが「基礎C#認定資格」を発表!35時間分の無料講座も公開

C#

2023年8月28日、Microsoft社はFoundational C# 認定資格のリリースを発表しました。これに加え、35時間分のC#無料講座も公開されています。

今回は、「基礎C#認定資格」の概要を、実際に使いながら解説していきたいと思います。

基礎C#認定資格とはどんな資格?

Foundational C# 認定資格は、Microsoft社とfreeCodeCampという非営利団体が創った資格です。freeCodeCampではWeb開発を誰でも簡単に学習できることを目的としており、HTML/CSS、Pythonなど現在11 種類の認定講座が公開されています。

受験料は?

「基礎C#認定資格」は、完全無料の資格になります。

取る価値はある?

「基礎C#認定資格」は、認定資格です。

情報処理技術者試験は国が認めた国家資格ですが、認定資格は民間資格とも呼ばれ、スクールや協会などが一定の能力を保証する資格です。今回であれば、Microsoftが認定する資格となるため、履歴書に書いても問題ない資格だといえます(知名度は別として)。

現在、純粋にC#の能力をはかる試験は存在しない

MicrosoftではこれまでいくつかのC#資格を設けていましたが、廃止されたものが多く、現状残っているものとしては「Microsoft Azure IoT Developer(AZ-220)」に一部C#に関連する問題が出てくるのみです。

今回登場した「基礎C#認定資格」は、C#の基礎知識・スキルを証明するものとして保持しておいても損はないかと思います。

資格の取り方は?

基礎C#認定資格を開きます。

このような画面に遷移します。画面下部にある「Courses」とあり、これにはMicrosoft Learn プラットフォームで獲得する必要があるトロフィーが関連付けられています。つまり、すべてのコースをクリアすることで「基礎C#認定資格」を取得することができます。

※進行状況を保存するには、freeCodeCampにログインする必要があります。

英語表記を日本語化する手順

「基礎C#認定資格」は、すべて英語表記です。

これを日本語に翻訳するには、ページ上で右クリック>日本語に翻訳 を押します。

画面右上に「英語」「日本語」と出てくるので、「日本語」を選択します。

ただし、これはGoogle翻訳で日本語に訳された文章であり、不自然な日本語になっている部分もあります。英語でもある程度読める方は英語のまま進め、適宜DeepL等の翻訳ツールを使ったほうが良いかもしれません。

C#無料講座

では、ここからは35時間分のC#無料講座について解説します。

C#無料講座の受け方

Microsoft Learnを開きます。

画面下部に、講座が表示されています。講座は以下の6パートに分かれています。

各パートの進め方

パート1を選択します。

以下の画面に遷移するので、「開始」を押します。

パート1の学習が始まります。

普通の説明ページのように見えますが、一応ここから学習が始まっていますので内容を読んで次に進みます。

・・・といっても、文章だけだとイメージしづらいと思うので、このへんはざっくり読んで、実際にコードを入力する部分になったらちゃんとやるかんじでいいと思います。

コードの入力・実行

演習では、実際にコードを入力して実行します。

画面右側の部分がエディターになっているので、ここに入力していきます。

演習の説明文に記載されているコードをコピーするか、手入力で右側のエディターに入力して実行結果を確認します。

VS Codeのインストールも行う

パート2の演習では、Visual Studio Codeのインストールを行います。

.NET SDK のインストールや、拡張機能の構成、アプリケーションの作成・ビルド・実行など、実践的な内容となっています。

基礎的な文法の学習も

実際にコードを動かしながら、基礎的な文法の学習も行います。

  • 変数の宣言、初期化
  • if-else、foreach、switch
  • データ型(int、string、double、配列)
  • 例外処理

progateみたいにポップなイラストで楽しく学ぶ的なノリではありませんが、必要な情報を淡々と学習するにはちょうどいいのかもしれません。

ただ、文法の説明に関しては、理解しきれない部分があるかと思います(たとえば値型と参照型を文章だけで理解するのはムリがある)。このような場合には、C#の参考書を合わせて利用することをおすすめします。

▼プログラミング自体はじめて!という方向け

確かな力が身につくC#「超」入門 第2版 (Informatics&IDEA)

確かな力が身につくC#「超」入門 第2版 (Informatics&IDEA)

北村愛実
3,950円(04/23 16:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

▼C#を使った仕事がしたいorしている、理屈をしっかり理解したい方向け

独習C# 第5版

独習C# 第5版

山田 祥寛
2,090円(04/23 16:14時点)
発売日: 2022/07/21
Amazonの情報を掲載しています

ポイント:試験問題は無料講座から出題されている

冒頭で解説した「基礎C#認定資格」の問題は、この無料講座から出題されています。

たとえば、基礎C#認定資格では以下のような問題が出題されます。

https://www.freecodecamp.org/learn/foundational-c-sharp-with-microsoft/write-your-first-code-using-c-sharp/write-your-first-c-sharp-code

これは、パート1の演習ページで学ぶ内容です。

https://learn.microsoft.com/ja-jp/training/modules/csharp-write-first/2-exercise-hello-world

Console.WriteLineでは出力コンソール末尾に改行を追加して出力するとあるため、この問題の正解は

Console.WriteLine出力の後に新しい行を追加します。

が正解だとわかります。

まとめ

今回は、Foundational C# 認定資格(基礎C#認定資格)の概要と、35時間分の無料講座について解説しました。

ある程度C#を触ったことのある方であれば35時間かからず、認定資格もすぐに取れるかなと思いました。

ただ、開発環境のインストールだったり、実際のコーディングだったりと実践的な内容も含まれており、プログラミング初心者の方にとっては難しく感じるところがあるかもしれません。逆にいえば、エンジニア志望の方や、新人研修などにも十分活用できる内容になっていると感じます。

現在、純粋なC#のスキルをはかる試験が存在しないため、基礎C#認定資格を取っておいて損はないでしょう。

chaso

文系出身、数字が苦手な平凡主婦。塾講師、大手企業SE、不動産事務、Webライター、QAエンジニアを経て現在RPAエンジニアとして働いています。機械音痴だけど効率化や自動化をこよなく愛しています!お仕事の依頼・ご相談は問い合わせよりお願いいたします♪

chasoをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました