PADで日時を特定のフォーマットに変更する方法【Power Automate Desktop】

Power Automate Desktop

Power Automate Desktop(PAD)で、日時を特定のフォーマットに変更する方法について解説します。

現在の日時を取得

まず、「現在の日時を取得」アクションにて、現在の日時を取得します。

このアクションで作成される値は、Datetimeとなっています。

任意の日時を作成する場合

任意の日時を作成する場合は、「変数の設定」アクションを使います。

例えば、2023年12月14日の15時32分59秒の場合、

%d'2023/12/14 15:32:59'%

となります。

「%d’2023/12/14 15:32’%」だと「12/14/2023 3:32:00」 PMに、

「%d’2023/12/14’%」だと「12/14/2023 12:00:00 AM」といったように、

指定しない部分は0で補完されます。

ちなみに、公式サイトでは、

Datetime – 日付と時刻の情報が含まれています。 変数の設定アクションを介して日時変数を作成するには、次の式 %d”yyyy-MM-dd HH:mm:ss.ff+zzz”% に入力パラメーターを入力します

※zzz:UTCオフセット(日本は+09:00)

引用:https://learn.microsoft.com/ja-jp/power-automate/desktop-flows/actions-reference/text#convertdatetimetotext

とあり、ミリ秒まで設定できるようになっていますが、実行するとミリ秒は表面上では見えず、使う場面もないです。。。

%d'2023/12/14 15:32:59.59+09:00'%

上記を実行した結果↓↓↓

あと、フロー実行後、「%d」は大文字の「%D」になります。特に動作には影響ありませんがちょっと気になったので。。

Datetime型を文字列に変換

「datetimeをテキストに変換」アクションで、Datetime型の変数を文字列に変換します。

使用する形式:標準

「使用する形式」を「標準」に設定した場合、プルダウンから形式を選択できます。

標準形式サンプル
短い日付形式2023/05/19
長い日付形式2023年5月19日
短い時刻形式23:59
長い時刻形式23:59:59
完全なdatetime(短い時刻形式)2023年5月19日 23:59
完全なdatetime(長い時刻形式)2023年5月19日 23:59:59
一般的なdatetime(短い時刻形式)2023/05/19 23:59
一般的なdatetime(長い時刻形式)2023/05/19 23:59:59
並べ替え可能なdatetime2023-05-19T23:59:59

この中から希望のフォーマットが見つかればそれを選択すればOKです。別のフォーマットに変更したい場合は次の項目を参照してください。

使用する形式:カスタム

「使用する形式」を「カスタム」に設定した場合、自分でフォーマットを指定します。

書式指定子説明
yyyy年 (4 桁の数値)。
yy年 (2桁の数値)。
M月 (1 – 12)。
MM月 (01 – 12)。
d月の日にち (1 – 31)。
dd月の日にち (01 – 31)。
ddd曜日の省略名(月、火)
dddd曜日の完全名(月曜日、火曜日)
h12 時間形式の時間 (1 ~ 12)。
hh12 時間形式の時間 (01 ~ 12)。
H24 時間形式の時間 (0 ~ 23)。
HH24 時間形式の時間 (00 ~ 23)。
m分 (0 – 59)。
mm分 (00 – 59)。
s秒 (0 – 59)。
ss秒 (00 – 59)。
/日付の区切り記号。
:時刻の区切り記号。

例えば、2023年5月19日(金) 23:59の場合、

  • 「yyMMdd」→ 230519
  • 「yy/M/d」→ 23/5/19
  • 「yyyy年MM月dd日 HH時mm分」→2023年05月19日 23時59分

などのように、日付をフォーマットすることができます。

フォーマットに関する詳細は、Microsoft公式サイトのカスタム日時形式文字列 をご参照ください。

活用例:ファイル名に日時を付加する

ファイル名に、日時を付加するサンプルです。

フロー全体は以下のようになります。

「フォルダーの名前を変更」アクションでは、

「新しいフォルダー名」に、

backup_%FormattedDateTime%

と設定します。

ファイルのバックアップ作業時に、是非ご活用いただければと思います。ファイルの圧縮に関しては以下記事にて詳しく解説しています。

まとめ

今回は、Power Automate Desktop(PAD)で、日時を特定のフォーマットに変更する方法について解説しました。

当ブログでは、Power Automate、Power Automate Desktopに関する記事を他にも投稿しています。もし、「このようなことが知りたい」「こんなフローの作り方が知りたい」等ございましたら、問い合わせやコメントからお気軽にご連絡ください。

参考:

chaso

文系出身、数字が苦手な平凡主婦。塾講師、大手企業SE、不動産事務、Webライター、QAエンジニアを経て現在RPAエンジニアとして働いています。機械音痴だけど効率化や自動化をこよなく愛しています!お仕事の依頼・ご相談は問い合わせよりお願いいたします♪

chasoをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました