Power Automate Desktopのフローを途中から実行する方法【ここから実行】

Power Automate Desktop

Power Automate Desktop(PAD)のフローを途中から実行する方法について解説します。

「ここから実行」で実行する

途中から実行したいアクションの上で右クリックし、「ここから実行」を押すと途中から実行できます。

「ここから実行」が押せない場合

「ここから実行」が押せない場合、以下の原因が考えられます。

条件分岐のなかにアクションがある場合

条件分岐とは、「if」や「switch」など条件に応じて処理が変わるものを指します。

「if」や「switch」以外にも、条件により処理が分岐する場合には、「ここから実行」は非活性となり使えません。

「条件分岐」に分類されるその他のアクション

  • ファイルが存在する場合
  • フォルダーが存在する場合
  • プロセスが次の場合
  • ウィンドウが次を含む場合
  • ウィンドウが次の条件を満たす場合
  • Webページに次が含まれる場合

対策:一番外側の条件分岐から「ここから実行」する

対策としては、条件分岐の中のアクションからではなく、条件分岐に対して「ここから実行」を実行します。

条件分岐が複数に重なっている場合は、一番外側の条件分岐に対して「ここから実行」を指定します。

リージョンの中にアクションがある場合

リージョンの中にあるアクションに対して「ここから実行」はできません。

これは色々試していてたまたま気づいたのですが、ちょっと不便ですね・・・。リージョン機能自体は、コメントの代わりに活用するのに便利な機能だと思っていたので、今後のアップデートでリージョン内でも途中実行できるようになってほしいなと思います。

対策:リージョンの先頭で「ここから実行」する

リージョンの先頭で右クリックして「ここから実行」することが可能です。

ループの中にアクションがある場合

「For each」「Loop」などのループ内のアクションに対して「ここから実行」はできません。

対策:ループの先頭で「ここから実行」する

ループの先頭で右クリックして「ここから実行」することが可能です。

「ここまで実行」したい場合

逆に、「ここまで実行」したい(途中まで実行したい)場合の方法を解説します。

例えば8行目の「Excelの起動」まで実行したい場合を考えてみます。この場合、「Excelの起動」の次のアクションにブレークポイントを貼ります。

9行目の赤枠のあたりでクリックすると、

丸いポチがつきます。これがブレークポイントで、「ここで止めるよ」というしるしです。

実行すると、ブレークポイントの手前まで実行され、処理が止まります。

一時停止状態になっているので、このまま処理を終了したい場合は「停止」、処理を再開したい場合は「実行」、次のアクションだけ実行したい場合は「次のアクションを実行」を選択します。

「ここから実行」で起こりうるエラー

インスタンスが作成されていないことによるエラー

「インスタンス」というのは、Excelを開いたときにブックが実体として生成されたり(Excelインスタンス)、Google Chromeを起動したときにブラウザが実体として生成されるなど(ブラウザーインスタンス)、何かしらの「実体」をさします。

PADでは、この「実体」に対して操作していきます。

例えば、以下ではExcelを起動して、そのExcelに対して書き込みを行うフローです。

このとき、「Excel ワークシートに書き込む」で「ここから実行」を行うと、以下のエラーが発生します。

これは、「書き込み対象のExcelがないよ」というエラーです。このように、インスタンスを生成してから実行するアクションに関しては、途中から実行するとエラーが発生する可能性があります。

エラーではないが注意したいこと

想定通りの変数操作がされていない可能性

以下のように、同じフロー内で変数の設定と、その変数に対する計算が行われる場合、「変数を大きくする」から「ここから実行」をしても、エラーは発生しません。

しかし、「変数を大きくする」の結果は、101ではなく1になります。

他にも、サブフローだけ実行した場合に、本来はmainで変数操作されているのにそれがされず、意図した結果にならない可能性などが挙げられます。

まとめ

Power Automate Desktop(PAD)のフローを途中から実行する方法について(「ここから実行」の使い方)について解説しました。

長いフローや複雑なフローでは、一部分だけ実行したい場面が出てくるかと思います。そのような際に是非活用してみてください。

当ブログでは、Power Automate、Power Automate Desktopに関する記事を他にも投稿しています。もし、「このようなことが知りたい」「こんなフローの作り方が知りたい」等ございましたら、問い合わせやコメントからお気軽にご連絡ください。

chaso

文系出身、数字が苦手な平凡主婦。塾講師、大手企業SE、不動産事務、Webライター、QAエンジニアを経て現在RPAエンジニアとして働いています。機械音痴だけど効率化や自動化をこよなく愛しています!お仕事の依頼・ご相談は問い合わせよりお願いいたします♪

chasoをフォローする

参考:Microsoft Power Automate> デスクトップ フローのデバッグ > ここから実行

コメント

タイトルとURLをコピーしました