Power Automate Desktopで空白文字を置換する方法【PAD】

Power Automate Desktop

Power Automate Desktop(PAD)で空白文字を置換する方法について解説します。

空白文字を置換するには%表記で空白を記述する

PADで空白文字を置換したい場合、%(パーセント)表記で空白を記述します。

たとえば、以下のように空白が入った文章を置換するとします。

これを実現するためのフローは以下のようになります。

1~4行目までで、対象のテキストファイルを開いて、記載されている内容をキーの送信によりコピーしています。コピーした内容は変数ClipboardTextに格納されています。

「キーの送信」は、全選択→コピーのショートカットを実現しています。設定する際には、「キーの送信」アクションを追加の上、「送信するテキスト」に以下のようにショートカットキーを設定してください。

▼コピペ用

{Control}{A}

半角空文字の置き換え

半角スペースを置換する際には、以下のように記述します。

「検索するテキスト」には、

%' '%

と入力します。PADでは、%で囲むことによって、空白文字を表現することができます。

「置き換え先のテキスト」には、

%''%

と入力します。

全角空文字の置き換え

全角スペースを置換する際には、以下のように記述します。

解析するテキストには、%Replaced%を設定してください。%Replaced%には半角スペースに変換後の値が入っています。

「検索するテキスト」には、

%' '%

と入力します。PADでは、%で囲むことによって、空白文字を表現することができます。

「置き換え先のテキスト」には、

%''%

と入力します。

実行結果

このフローを実行すると、以下のような結果になります。

ファイルの中身を置き換えて、新規or上書き保存したい

ファイル内の半角/全角スペースを置き換えたあとに、ファイルを新規保存もしくは上書き保存したい場合の方法です。

※6行目まではさきほどと同じです。

新規保存

空白除去後のファイルを新規ファイルとして保存する場合のフローは、以下のようになります。

10行目で、「名前を付けて保存」のショートカットを実行しています。これはWindows標準のメモ帳のショートカットなので、他のテキストエディタを使用されている場合は、ショートカットキーが異なるのでご確認ください。

上書き保存

空白除去後のファイルを上書き保存する場合のフローは、以下のようになります。

まとめ

今回は、Power Automate Desktop(PAD)で空白文字を置換する方法について解説しました。

空白文字の置換
  • 空白文字は%(パーセント)で囲んで表現する(%’ ‘%)
  • 空白を除去する際は、置き換え先に %”% を設定する
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
chaso

文系出身、数字が苦手な平凡主婦。塾講師、大手企業SE、不動産事務、Webライター、結婚後はパートタイムでエンジニアをしています。機械音痴だけど効率化や自動化をこよなく愛しています!お仕事の依頼・ご相談は問い合わせよりお願いいたします♪

chasoをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました