Power Automate DesktopでWebページのファイルをダウンロードする方法

Power Automate Desktop

今回は、Power Automate Desktop(PAD)を使って、Webサイト上のファイルをダウンロードする方法について解説します。

【STEP1】新しいChromeを起動する

「アクション」から「新しいChromeを起動する」を以下のようにドラッグアンドドロップします。

すると、以下のようなダイアログが表示されますので、「初期URL」に開きたいサイトのURLを入力します。

【STEP2】Webページのリンクをクリック

次に、「Webページのリンクをクリック」をフローに追加します。

「Webページのダウンロードリンク」というアクションがありますが、これではありません!(名前が紛らわしいので注意。こちらはIEでしか使えないようです)

上のようなダイアログが表示されますので、「UI要素」のボタンを押して、「UI要素の追加」を押下します。

UI要素ピッカーが表示されますので、取得したいファイル上でCtrl+左クリックします。

【STEP3】保存先・ファイル名の指定

保存先・ファイル名の指定をします。

保存先の指定

STEP1・STEP2で設定したフローでは、Webページ上のファイルURLをクリックしているためダウンロードしたファイルはGoogle Chromeで設定されている場所(デフォルトはダウンロードフォルダ)に保存されます。

そのため、指定した場所にファイルをダウンロードしたい場合は、一度ダウンロードしたあとにファイルを移動させることになります。

変数の設定

「変数の設定」をフローに追加します。

ダウンロードするファイルのフルパスを指定します。一度手動でファイルをダウンロードして、そのフルパスを取得すると良いかと思います。

フルパスはShiftキーを押しながら右クリック>パスのコピーで取得できます。

ファイルの移動

「ファイルの移動」をフローに追加します。

ファイル名の変更

「ファイルの名前を変更する」をフローに追加します。

「名前を変更するファイル」に%MovedFiles%を設定します。

また、今回はファイル名の末尾に日時を追加したいため、「名前の変更の方法」に「日時を追加する」を設定します。

【STEP4】ブラウザを閉じる

最後にブラウザを閉じます。(この処理を追加しないとフロー実行後にChromeのウインドウが残ってしまいます)

「Webブラウザーを閉じる」をフローに追加します。

中身の変更は必要ありません。

これで完成です。

はじめてのPower Automate Desktop―無料&ノーコードRPAではじめる業務自動化

はじめてのPower Automate Desktop―無料&ノーコードRPAではじめる業務自動化

株式会社ASAHI Accounting Robot研究所
2,458円(06/20 08:38時点)
発売日: 2021/09/22
Amazonの情報を掲載しています

PDFをダウンロードする場合

PDFをダウンロードしようとすると、別タブで遷移してしまいます。また、遷移先のダウンロードボタンはUI要素取得では取得できませんでした。

そのため、PDFのダウンロード時には直接座標を指定してクリックする必要があります。

これについての詳細は、需要がありそうだったら別途詳しく解説しようと思います。

まとめ

今回は、Webページ上のファイルをダウンロードする方法について解説しました。

ファイルをダウンロードして、指定のフォルダに保存できるのは便利ですよね。定期的にデータを収集したり、スクレイピング時に最新のファイルを取得するといった様々な目的で活用できそうです。

PDFファイルのように別タブで開く場合は少し工夫が必要になりますが、クリックしてダウンロードできるファイルであれば今回紹介した方法で対応可能かと思います。もし、「うまくダウンロードできない」「こういった画面のダウンロードはどうやるの?」等疑問がありましたら、お気軽に問い合わせorコメントいただければと思います。

なお、Seleniumを使ったファイルダウンロード方法については、以下記事をご参照ください。

chaso

文系出身、数字が苦手な平凡主婦。塾講師、大手企業SE、不動産事務、Webライター、QAエンジニアを経て現在RPAエンジニアとして働いています。機械音痴だけど効率化や自動化をこよなく愛しています!お仕事の依頼・ご相談は問い合わせよりお願いいたします♪

chasoをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました