【初心者向け】Power Automate Desktopのインスタンスとは何か・使い方を解説【PAD】

Power Automate Desktop

Power Automate Desktop(PAD)の「インスタンス」とは何かについて、プログラミング未経験の方、ITに詳しくない方でも分かるよう解説します。

「インスタンス」とは何か?

「インスタンス(instance)」とは、ある枠組みから実際に作られたものをさします。

例えば、以下の図を見てください。

「Excel」というのは、ひな形(概念的なもの)です。それに対して、実際にExcelブックを開いたときの「Book1」「Book2」「Book3」がインスタンスとなります。PAD内では「Excelインスタンス」と呼ばれます。

また、ブラウザーを開いたときの実体は「ブラウザーインスタンス」と呼ばれます。こちらも、ブラウザーという概念に対して、実際に開いたものをインスタンスと呼びます。

まとめ

インスタンスとは、ひな形(概念)から作られた実体のこと。(Excelなら開いたブック、ブラウザなら開いたウインドウを指す)

インスタンスはいつ作られるのか

PADでは、

  • Excelを開いたタイミング
  • ブラウザーを起動したタイミング

でインスタンスが作られます。

Excel起動時

例えば「Excelの起動」アクションでは、Excelnstanceという変数が作成されます。これがExcelインスタンスです。

ブラウザーを開いたとき

「新しいChromeを起動する」では、Browserという変数が作成されます。名前が普通の変数っぽいので分かりにくいですが、これがブラウザーインスタンスです。

インスタンスの使い方

インスタンスを使う例をいくつか紹介します。

ウィンドウを最前面に持ってくる

ウィンドウを最前面に持ってきたいときには、「ウィンドウにフォーカスする」アクションを使います。Excelの操作や、ブラウザーのUI要素をクリックする際などに、ウインドウが前面にないと失敗することがあり、それを防ぐためこのアクションが使われます。

アクションを追加し、「ウィンドウの検索モード」を「ウインドウのインスタンス/ハンドルごと」にすると、「ウィンドウインスタンス」には%ExcelInstance%と%Browser%が表示されます。

実行すると、選択したインスタンスが最前面に表示されるようになります。

Excelファイルに対する操作全般

Excelファイル操作を行う場合、まずはじめにExcelを開きます。このときにExcelInstance変数が作成されますので、以降はそれに対して操作を行います。

ブラウザーに対する操作全般

ChromeやFirefoxなどのブラウザーを開く際に、ブラウザーインスタンスが作成されます。作成されたインスタンス変数をもとに、以降ではブラウザーに対する処理を行います。

インスタンスは複数作ることができる

Excelインスタンスや、ブラウザーインスタンスは、ひとつのフロー内に複数作ることができます。

たとえば、「Excelの起動」アクションを複数個追加した場合、それぞれのExcelファイル起動時にインスタンスが作成されます。

以降では、操作したいExcelブックのインスタンス変数を設定してあげることで、対象のExcelを操作することができます。

まとめ

今回は、Power Automate Desktop(PAD)の「インスタンス」とは何かについてと、インスタンスの使い方について解説しました。

当ブログでは、Power Automate、Power Automate Desktopに関する記事を他にも投稿しています。もし、「このようなことが知りたい」「こんなフローの作り方が知りたい」等ございましたら、問い合わせやコメントからお気軽にご連絡ください。

chaso

文系出身、数字が苦手な平凡主婦。塾講師、大手企業SE、不動産事務、Webライター、QAエンジニアを経て現在RPAエンジニアとして働いています。機械音痴だけど効率化や自動化をこよなく愛しています!お仕事の依頼・ご相談は問い合わせよりお願いいたします♪

chasoをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました