GPT-4がワード・Excel・パワポに搭載!「Microsoft 365 Copilot」発表

技術系ニュース

Microsoft社は3/16日(米国時間)に、ExcelやWord、PowerPointなどのいわゆる「Office」に言語モデル「GPT-4」を組み込んだ「Microsoft 365 Copilot」を発表しました。

Copilotは、ChatGPTでふだんチャットするような感覚で、ExcelやWord上でチャットで指示を出すことができます。本記事では、各アプリでCopilotの概要、Copilotで何ができるのかについて解説します。

Copilotの価格は?いつから使える?

3/16の発表では、価格やライセンス等は発表されていません。ただ、Microsoft365のブログ内で、「価格の詳細については今後数か月のうちに発表します」と記載されていますので、使えるようになるのは少なくとも数か月先になりそうです。

セキュリティ・プライバシーは大丈夫?

Copilotは、セキュリティ・プライバシー面についても漏洩がないよう保護する設計となっています。以下はMicrosoft365のブログの一部になります。

要約すると、以下の通りです。

  • Copilotは、Microsoft365に統合されており、セキュリティ、コンプライアンス、プライバシーポリシーなどのプロセスを自動的に継承している
  • ユーザーのデータやプロンプトについては学習することはない
  • Copilotが長年にわたって顧客データの保護に使用してきたのと同じ技術を使用して、アクセス可能なデータのみを表示する

Copilotでできること:Excel編

データの分析

Copilot in Excelでは、チャット機能で質問することで、Excelの表を分析・データを可視化してくれます。以下は「当四半期の業績を分析し、3つの主要な傾向をまとめて。」と指示しています。

指示を受けて、Copilotは、

  • 売上は増加傾向にある
  • 製造コストは第3四半期に増加したあと、今四半期は減少
  • 先月は低価格帯の商品が全体の半分近くを占めた

と、チャットで指示された通り、表の分析を3点にまとめて報告しています。

数式の生成

公式のブログには、数式の生成については、「Excelでは数式以外にも、分析やビジュアルデータの作成もできます」とちょっと触れられているのみで具体的なサンプルはありませんでした。

今現在でも、ChatGPTを使えばExcelの数式は答えてもらえるので、ここにわざわざ触れるまでもないということなんですかね。例えば、ChatGPTでExcelに関する質問をすると以下のように手順や関数が返ってきます。これをCopilotでは実際のセルに関数を入力してくれるようになるのではないかと思っています。

Copilotでできること:Word編

Copilot in Wordでは、文章の作成・編集・要約などができます。既存の文書の一部分だけ変更したり、修正したりすることも可能です。文書全体のトーンも変更できます。トーンというのは、「カジュアルな文体で」「厳格に」「ユーモアを交えて」など、その文章の雰囲気のことです。

また、Word文書は書き始めがけっこう時間かかったりしますよね。どんな構成にするか、どんな文章で書き始めるか・・・色々と悩んで時間を使ってしまいがちな部分ですが、CopilotではWord文書の下書きを作成することができますので、その下書きをベースに書くことで従来よりも効率的にWord文書を作成することができます。

以下は、Word文書とPowerPointのデータに基づいて、提案書の下書きを書いてと指示したものです。

すると、与えられた2つの文書の内容をもとに、提案書の下書きを作成しました。

Copilotでできること:PowerPoint編

Copilot in PowerPointでは、ユーザーが書いたアイディアを、そのままPowerPointに変換してくれます。例えば、

  • Word文書をベースに5枚のスライドを作成し、関連するストックフォトを含めて
  • このプレゼンテーションを3枚のスライドにまとめて
  • この3つの箇条書きを3つのコラムに再編成し、それぞれに写真を添えて

このようにCopilotに指示することで、PowerPointを生成したり、編集したりしてくれます。

例えば、以下のように「〇〇をベースとしたプレゼンテーションを作って」というように、Word文書や他のPowerPoint資料をベースに新たにプレゼンテーションを作ることも可能です。

この例では、一番上のWord文書をベースにするよう指示しました。すると、以下のようにその文書をベースとしたPowerPointが生成されました。

まとめ

今回は、「Microsoft 365 Copilot」について解説しました。単にExcelやWordにChatGPTが埋め込まれたというだけでなく、各アプリに特化して文書作成やデータ分析などができるのはとても画期的です。

個人的には、当ブログでたまに紹介しているGoogleスプレッドシートがこれを受けてなにか変化するかな?と気になっています。Google社のBardを搭載してうんぬんかんぬん・・・みたいなことあったらいいなと思ってます。最近ではクラウド型のスプレッドシートのほうが人気がありますが、もしExcel Onlineでも問題なくCopilotが使えるのであればExcel重要が高まりそうです。

Copilotに搭載されるGPT-4はすでにChatGPTで利用可能です。ChatGPTを使う方法については、以下記事で紹介しています。

デスクの脚につけて邪魔にならないサイズ感。マットな質感とお洒落なカラーがかっこいい。マグネットタイプで着脱も楽です。
¥1,690 (2024/04/23 16:09時点 | Amazon調べ)
chaso

文系出身、数字が苦手な平凡主婦。塾講師、大手企業SE、不動産事務、Webライター、QAエンジニアを経て現在RPAエンジニアとして働いています。機械音痴だけど効率化や自動化をこよなく愛しています!お仕事の依頼・ご相談は問い合わせよりお願いいたします♪

chasoをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました