Power Automate DesktopでPDFを結合(マージ)する方法【PAD】

Power Automate Desktop

Power Automate Desktop(PAD)でPDFを結合(マージ)する方法について解説します。

PADでPDFを結合する方法

PADでPDFファイルを結合するには、以下のアクションを使用します。

追加するアクション

PDFファイルを結合

左側にあるアクション一覧から、「PDFファイルを結合」をドラッグアンドドロップで真ん中の白いエリアに追加します。

追加すると、以下のようなダイアログが表示されます。

ここで指定する「PDFファイル」は、複数のファイル(2つ以上のファイル)であるか、リストである必要があります。

それぞれのパターンについて、以降で解説します。

【パターン1】2つのPDFファイルを結合したい場合

結合するPDFファイルを指定する

2つのPDFファイルを結合したい場合、それぞれのファイルのフルパスをダブルクォーテーション(“)で囲み、カンマで区切って指定します。

「PDFファイル」の右端にあるファイルのボタンを押します。

結合するファイルを2つ以上選択します。

すると、PADの画面では以下のような表記になります。

%['1つ目のファイルのフルパス','2つ目のファイルのフルパス']%

上記のように、パーセントやかっこなどが追加されていますが、これでOKです。これはリストとして扱うための表記方法です。

結合先のPDFファイルを指定する

「結合されたPDFのパス」には、PDFファイルを結合したあとの保存先を指定します。

結合先のPDFファイルの内容は、結合後のファイル名を指定します。既にそのフォルダに存在するファイル名を指定すると、テスト用(2).pdfのように連番で名前がつけられます。

このフローを実行すると、「結合されたPDFファイルのパス」に指定したpdfファイルが作成されます。

【パターン2】複数のファイルを結合したい場合

複数のファイルを結合したい場合の方法について解説します。

今回の例では、以下の3つのPDFファイルを結合します。

フォルダー内のファイルをリストで取得

フォルダー内のファイルを、リスト形式で取得します。使用するアクションは以下になります。

追加するアクション

フォルダー内のファイルを取得

PDFファイルが入っているフォルダを指定します。

これを実行すると、フォルダ内にある複数のPDFファイルが、リスト形式で取得されます。

PDFファイルを結合

追加するアクション

PDFファイルを結合

「PDFファイル」には、リスト形式で取得した %Files% を指定します。

これを実行すると、3つのファイルが結合されます。

まとめ

今回は、Power Automate Desktop(PAD)でPDFを結合(マージ)する方法について解説しました。

今回のまとめ
  • PDFファイルを結合する際は「PDFファイルを結合」アクションを使う
  • 複数のファイルを選択するか、リスト形式で結合する

当ブログでは、Power Automate、Power Automate Desktopに関する記事を他にも投稿しています。もし、「このようなことが知りたい」「こんなフローの作り方が知りたい」等ございましたら、問い合わせやコメントからお気軽にご連絡ください。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
chaso

文系出身、数字が苦手な平凡主婦。塾講師、大手企業SE、不動産事務、Webライター、結婚後はパートタイムでエンジニアをしています。機械音痴だけど効率化や自動化をこよなく愛しています!お仕事の依頼・ご相談は問い合わせよりお願いいたします♪

chasoをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました